不登校、引きこもりに関する相談はすべて無料!ご予約受付中!

スペシャリストとの出会いが子供の未来を切り開く!

在籍の学校に復学、再登校しなくても道は必ずある!

うつ、発達障害、不登校、引きこもり、”アウトリーチ”型支援機関として子供たちをサポートしています。

 

『外に出て』『社会とつなげ』『人として育む』をキーワードに様々な活動で子供たちをサポートしています。大阪 神戸三田。

ハンモックカウンセリングは

問題の先送りによってニートや成人してからの引きこもりにならないために単なる居場所話を聞くだけに終始しないアクションプランで子供の将来を守ります。

活動内容

活動内容

ハンモックカウンセリングは子どもの健全育成を目的に設立されたで不登校、ひきこもり、非行等不適応問題を抱える子ども達やニート、フリーター等若年者の自立支援に取り組んでいます。

設立以来、『人との関わりの橋渡しすること』を軸に、アウトリーチ(訪問支援)活動を中心に、フリースペースの運営、就労支援、体験学習やスポーツイベントの開催、子育てに関するワークショップ、支援ネットワーク整備事業等、さまざまな活動で家庭教育をサポートしています。

3つのサポート

 私たちハンモックカウンセリングは、次の3つをサポートの基本方針として活動しています。 

⑴ 「アウトリーチ」 家庭を訪問し、教育・自立支援を直接行う。 

⑵ 「フリースペース」コミュニケーションやソーシャルスキルのトレーニングの場としての新しいタイプの「フリースペース」 。

⑶ 「個別プログラム」働くための自信や意欲、動機を付与する事を目的としたジョブトレや、働くことにつながるための学習支援等の「個別プログラム」

想い

 話を聴くだけでは根本的な心の問題は改善されないし変わらない。

 

「みんなが学校に行っている時間に、ひとり相談機関に出向くのは精神的にしんどい。専門家の方から会いに来てくれたらどんなにか楽だろう」

 

「目に見えない心理カウンセリングだけではなく、もっと具体的な援助が欲しい」

 

そんな方のお役に立てると思います。

 

 また子供の気持ちを置き去りにした解決策(とりあえず再登校させればいい的な)によって子供たちの心を深く傷つけ、根本的な問題を先送りすることで後に再発を繰り返し、以前より状態が悪化させられている現状。

 

 そこで苦しみ続けている子供たちとの出会いから、一人ひとりの個性を大切に守りながら、カウンセラーである前に人として、子供の将来に対して何ができるのか、今を問い続けること。

 

 不登校・引きこもりといっても一人ひとり事情は異なります。

 その声なき声に耳を傾け続けること。その心の叫びを聞き漏らすことなく汲み取り希望を叶えていくこと。

 

 一つひとつの体験と人との出会いが子供を成長させ、生きる勇気を与えてくれる。

 

 「アウトリーチ」とは、援助を求めている人のところに、援助専門職の方から出向く援助方法のことです。

不登校という状態について

 不登校という状態について

ハンモックカウンセリングでは不登校をシンプルに

「学校に行かない(行けない)状態」としています。


 定義よりも大切なのはその「状態」の理解です。

理解のポイントは2点あります。

 今の本人にとって必要だから不登校をしている(なっている)

つまり、学校に行かないことを選んでいる、と考える。


 本人が意識的に「私は学校に行かない」と言っているにせよ、

「学校に行きたいけれど身体がいうことをきかない」状態にせよ、

「この状況は本人にとって必要だからしている(なっている)んだ」

と考えることが大切です。


 そうすると、本人の気持ちに寄り添うかたちで、不登校状態を考えることが出来ます。

 またこの考え方は、不登校状態が「本人の人生における必要な一つのステップなんだ」と、前向きに考えるきっかけにして欲しいとハンモックカウンセリングは考えるからです


 本人だけに原因を求めるのではなく、家族や学校など周りの環境もすべていれて「不登校状態」を考える。


 従来、不登校の原因を本人に求めるのが普通でした。


 しかし、ハンモックカウンセリグはそうは考えません。


 本人とその周りの環境がかみ合わないために「不登校状態」になっていると考えます。


 ですから、本人だけに着目するのではなく、本人をとりまく環境すべてを視野に入れます。そして代弁者の役割や調整者の役割、情報提供者の役割、仲介者の役割、連結者の役割などを果たします。

心理相談実績数50000ケース以上!   

子育て支援30年以上の実績!

子供たちの悩みや葛藤に向き合い続けてきたわたしたちが生き方を模索する子供たちの将来についてご相談を検討している大阪、神戸三田にお住まいのあなたに

発達障害、不登校、引きこもりなどのお悩みについて問題解決のサポートを致します!

無料ご予約ダイヤル☎︎06-6850-0007

【更新情報】

発達障害、不登校、引きこもりに関するご相談なら

大阪、神戸三田にお住まいの発達障害、不登校、引きこもりでお悩みのあなたへ。

状況の改善、社会参加、自立に至るまでの支援プロセスを可能な限り、日常的に支援を受けることができる生活圏に信頼できる相談窓口、支援者等を見つけることは重要です。一人の子どもであっても抱える困難、背景要因の解決、社会参加、自立までのプロセスは、一個人、一組織の力で実現できるものではありません。この窮状を改善するためには、行政も民間もできない責任を押し付け合ったり、実際に行動することなく無責任に批判するのではなく、すべての人が持つ責任とその限界を真摯に認め、必要なものは一緒に創っていく、その結果、初めて実現できるものと考えています。

ハンモックカウンセリングの特徴
ハンモックカウンセリング・初めての方へ
ハンモックカウンセリング・私達のあしあと

お悩み別

ハンモックカウンセリング・子育て

 

ハンモックカウンセリング・仕事

 

ハンモックカウンセリング・親子関係

 


ハンモックカウンセリング・教育

 

ハンモックカウンセリング・キャリア

 

ハンモックカウンセリング・人間関係

 


心が疲れたとき。ふと横になって優しい風に吹かれ、気が済むまで寝てみたり、考えを整理したり、一緒に悩んだり、・・・そんなあなたをまるごと受け入れ、支えながら、心の揺れにあわせてゆらゆら揺れるハンモック。疲れがとれたら、またあなたのペースで歩き始める。そしてまた悩んだときには、いつも横にいて付かず離れず、寄り添うハンモック。抱えている問題や背景は一人ひとり異なります。同様に心の揺れ方も一人ひとり違います。私たちはその異なる揺れに対してハンモックのように寄り添いながら、リラックスし、お話して頂けるようなカウンセリングを心がけています。兵庫県三田市や神戸市北区の田園風景を満喫しながらゆったりとした時間を過ごしていただけます。

私たちカウンセラーはハンモックを支えている『理論』と『感覚』の2本の支柱であると考えています。

2本の支柱でしっかりと支えられたハンモックにあなたの心を柔らかく横たえて、安全で安定した揺らぎと安心できる環境の中で、ゆったりと寛ぎながらお話して頂ける時間と空間をお約束します。

それがハンモックカウンセリングです。

相談者様がカウンセリングを受けていると、ふわ~っと眠くなったり、お顔が緩み血色がよくなったり、時間を忘れてこの場を離れたくない、帰りたくない、もう少しここに居たいと言わることが多く、まるでハンモックに揺られながら過ごしているみたいだと言われ続けたことから、ハンモックカウンセリングという呼び名が生まれました。

ハンモックカウンセリング

ハンモックカウンセリングは『外に出て』『社会とつなげ』『人として育む』をキーワードに様々な活動で子供たちをサポートしています。『うつや発達障害』『就活、婚活』『不登校、引きこもり』の問題解決『英語学習を駆使した心理セラピー』など『心の再生』に尽力しています。

ハンモックカウンセリング・STEP01
ハンモックカウンセリング・STEP02
ハンモックカウンセリング・STEP03

無料予約専用ダイヤル

午前10時〜20時まで

(全日)

06-6850-0007


Copyright (C)2009-2015 Hammock counseling. All Rights Reserved.

無料予約専用ダイヤル

午前10時〜20時まで

(全日)

06-6850-0007

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】
カウンセリング
カウンセリングルームと心理系・メンタル系サイトを探す検索エンジン(リンク集)【こころのWeb.com】
/Users/JCAA/Desktop/125_125.gif
全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】